「GRとGR IIの比較」初代GRと、GR IIの違いについて簡単にまとめてみる

Pocket

こんばんは。Shunsukeです。

ついさっきAmazonのタイムセールでGR IIをポチっちゃっいました。

 

ポケットサイズでAPS-Cの単焦点。サッと取り出してガチの高画質。

結局カメラに何を求めてるかって、これかも知れない。

 

初代GRを使っていた時のように、たくさん写真撮ることになりそうです。

届くまでの間ワクワクしながら、初代GRとGR IIの「違い」について簡単にまとめてみます。

GR II の追加・改善機能

main_img_01

Wi-Fiの追加

Wi-Fi機能の追加で何ができるようになったのか?

GR Remoteで、遠隔カメラ操作

全てのカメラの操作をスマホやタブレットでできるらしい。電源オンとフラッシュのポップアップ以外。

Image Syncで、カメラ内画像の閲覧とダウンロード

スマホでカメラ内の写真を閲覧できたり、ダウンロードできるとのこと。

SDカード派の私は使わないかも。

WBの改善

ホワイトバランスが改善されたとのこと。より自然になった。

個人的にはここが一番嬉しいです。初代GRはどの写真も独特な、渋いというか「GR的」雰囲気になっていて、あれはあれで悪くなかったのですがWBの癖が強いのは否めませんでした。GR IIのWBは目で見たまんまに近いという評判ですし、作例を見てもそう感じます。

動画のAF速度が向上

初代GRは動画のAFが、まあ…アレだったのでそれがどのくらい改善されたのか気になるところです。

でもGR IIを使っている時に動画を撮りたくなるかなぁ?

バッテリー持ちの改善

もともと初代GRから結構バッテリー持ちは良かったと思うのですが、GR IIではさらに改善されたらしい。

Wi-Fiがある分、イーブンだったりして?

グリップの素材の改善

より持ちやすくグリップしやすい素材に改善されたとのこと。

地味ながら、大事ですよね。

GR II は初代のマイナーチェンジか?

main_img_02

こうやって「初代との差」をいくつか挙げてみたものの、どう贔屓目に見ても相当に地味なバージョンアップのようですね。日進月歩で、2年前の機種でも相当古くさく感じるデジタルカメラというジャンルの中で、2年半も経ったカメラのバージョンアップがこの程度では出た瞬間から型落ち感すらしてしまいます。どうせWi-Fi追加するなら、ハード的にも少し手を入れて欲しかったところ。(USB給電の入力端子が汎用性の高いマイクロUSBになるだけでもかなり良かったのになぁ。)

初代GRの完成度が高く、とても高い評価を得ていたので、それをさらに煮詰めたものにしたのでしょうがGR IIの出来や評判を見ると市場を完全に無視してマイペースで自分の道を行ってるように思えてきます…。

などとディスりつつ、それがきっとGRの良さだし、使ったら分かる良さを秘めているのは確実。明日届くのが楽しみで仕方がない私なのでした。

投稿者プロフィール

Shunsuke自称パパカメラマン
30代の自称パパカメラマン。熊本在住。コンデジやミラーレスを次々買い換えながら、2歳の息子を撮りまくっている。カメラのほかはギターとゴルフ、あとブログが趣味。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です