2歳〜4歳の子供がなりやすい肘内障って?小さな子供と遊ぶ時に気を付けたいこと

Pocket

おはようございます。育児大好きブロガーのShunsukeです。

肘内障ってご存知ですか?こないだ3歳の息子と遊んでいて、急に腕を引っ張った時にやっちゃいました…。

息子、泣くわ泣くわ…。小さなお子さんをお持ちのあなたにも気を付けてほしいと思いシェアします。

肘内障とは

肘内障は、脱臼と似ていますが少し違い、骨が未発達な小学生に上がる前の子供がなりやすい症状です。

医師が骨を元に戻す事で簡単に治り、痛みもすぐ治まります。

肘内障になった経緯

保育園に行くのを渋っていた息子のご機嫌を取ろうとしていた中で、両手を持って持ち上げてしまいました。

いつもならなんてことない遊びで済んだんだと思います。ただこの時は、息子の機嫌が最悪で全身ダラッと力を抜いていたことや、私自身が風邪をひいて鼻水ダラダラで力の加減がうまくできなかったことなど、悪条件が重なってしまいました。

持ち上げて一瞬機嫌が治ったと思ったら…息子が「痛い、痛い」と号泣です。

子供が肘内障になるのは親が手を急に引っ張る、というパターンが一番多いそうです。

↓実際の会話

痛ー!痛すぎる!
ごめん…。わざとじゃないんだ。
絶対…わざとでしょー!!
(ガーン)

肘内障は癖になるらしい?

ネット上を見ると「一度肘内障になると癖になる」という記載もあります。逆に「肘内障になる、ならないは個人差」という医師の記述も。

いずれにしても同じお子さんが繰り返すことは事実のようです。

まとめ ごめん、息子

自分の大切な子供を怪我させるなんて、あってはならないことですよね。次から気を付けたいと思います。

↓実際の会話

もー!急に腕引っ張ったらだめでしょ!
はい…ごめんなさい。

投稿者プロフィール

Shunsuke自称写真家
30代、熊本在住。カメラが趣味。最近、息子(3)にカメラを向けると顔を背けられるのが悩み。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です