一眼レフが欲しいので、初心者にもおすすめな4つを選んでみた!

Pocket

こんばんは。Shunsukeです。

急に一眼レフが欲しくなって来ました。秋だからでしょうか?

特に初心者向けの、エントリーレベルの一眼レフといえば、手軽な価格で高い満足を得れる最高のエンターテインメントマシンなわけです。

これは買うべきですよね?

キヤノンかニコンの、エントリー一眼レフが欲しい

どうせ買うなら、2大メーカーのキヤノンかニコンのどちらかにしようと思います。

しかもできるだけ安価で買えるものがいい。

カメラが欲しくなった最初の気持ちで選ぶやつですね。

Q. 初心者向けと中級者向けの一眼レフの違いって何?

一言で言うと、操作性の違いです。
初心者向けのはダイヤルやボタンが最小限で基本オートで撮るのを想定してあったりします。
中級者以上向けの一眼レフは一通り何でもできるようにダイヤルやボタンがたっぷりついてます。カメラを仕組みを学んでみたいなら、中級者以上向けのものを買った方が早いと思います。

Q. え?なんで急に一眼レフ欲しいとか言ってるの?
  • コンデジ(X70)とミラーレス(X-T2)に超満足しちゃった。
  • YouTuberのジェットダイスケさんが最近EOS KISS X7(白)買って楽しそうだった。
  • 一眼レフはスゴいから…。

一眼レフのスゴいところ!

改めて考えてみると、一眼レフってスゴいんですよ。どう考えても買うしかない気がしてくる…。

コンデジやミラーレスばっかり使ってる私から見た、一眼レフのスゴいところを並べてみます。

一眼レフは、ロケットより作るのが難しい

先日にこんなニュースがありました。なんでも、中国にはロケットは飛ばせても一眼レフを作る技術が無い、とのこと。

中国はロケットやミサイル、宇宙船など一種の「使い捨て品」の製造は得意でも、エンジンなど何度も繰り返して使用され、耐久性が求められる精密機械の製造は苦手だと指摘している。つまり耐久性や中長期的な故障発生率を低く抑えるという部分にこそ、中国にとっての技術的な難しさがある

http://news.livedoor.com/article/detail/11150350/ – Livedoorニュース

要するに、耐久性が求められる精密機器を作るのは非常に難しいってこと。

なるほど…。

確かに、日本のカメラはまず壊れませんよね。どんな安物でも…。私もあなたも、もし新品で買ったカメラが1年やそこらで壊れたら不良品だー金返せー!ってブチ切れますけど、それってとても高いレベルの要求だったようですよ。

エントリー一眼レフって5万円以下でありますけど、つまりこれは、5万円でロケット技術が買えるってことですよね。宇宙!

一眼レフのレンズは、とんでもない数と種類

キヤノン、今までに作ったレンズは1億2000万本超えとのこと。ニコンも1億本超えです。

スゴイデスヨネ。日本の人口みたいな、把握できないくらいの数です。

しかもこの数、あくまでデジタル一眼レフ用のレンズの数ですからね。過去に遡るともっとトンデモナイ数字になります…。

カメラ遊びって、レンズ遊びみたいなところがあるじゃないですか。このレンズならどんな写りをするんだろうって、とっかえひっかえが非常に楽しい。

1億本の中から、数百(千?)種類の中から選べるって楽しそう。

※他社製のカメラでも、適合するマウントアダプター使えばキヤノンやニコンレンズを使えます。

一眼レフのオートフォーカス技術は半端ない

0

一眼レフのコンテニュアス(追尾)オートフォーカス技術って、ミサイルのロックオン技術と共通してるんですよ。

実際、一眼レフのファインダーって射的みたいな楽しさがありますよね。

標準を合わせて発射(パシャ!)標準を合わせて発射(パッシャ!)正直楽しい

レンジファインダーの時代でも、ミラーレスの時代でも、結局一眼レフが一番人気なのって、こういう原始的で超高度な技術があるから、かも。一眼レフには男のロマンが詰まってますね。

初心者向けの一眼レフを4つ選んでみた

そんなスゴくて楽しい一眼レフが欲しい!

ってことで、気になるカメラを4つ挙げてみました。

今からカメラはじめてみたーいっていうあなたも、このあたりから入門されたはいかがでしょうか。

NIKON D5500

product_02

 

 

2015年2月15日発売。有効2416万画素。軽くて丈夫なカーボンモノコックボディ。バリアングル&タッチに対応した液晶。

サイズは、約124×97×70mm。重量は約470g(SDカードとバッテリー込)。

高スペック、かつ高コスパ機

一眼レフとは思えないくらい薄いボディで、かつグリップが深く持ちやすいカメラです。数字以上に重量が軽く感じます。店頭で触ると欲しくなりますよ。

2400万画素と高画素、高解像度。子供撮りに重宝する、バリアングル液晶もウレシイ。

NIKON D3400

nikonannouncement_feat-800x422

2016年9月16日発売。有効2416万画素。スマホとBluetoothでつながるSnapBrigeに対応。

サイズは、約124×98×75.5mm。重量は約445g(SDカードとバッテリー込)。

最新のエントリー一眼レフ

カメラ本体はスマホとBluetoothで繋がるSnapBrigeに対応して今っぽくなりました。

付属のレンズは、標準ズームと望遠ズームのどちらも新しくなっていて、AF速度がニコンの中でも最高レベルにまで進化しています。出し惜しみしないニコン。

出たばかりだから少々お高いのだけが難点か?最新のレンズだけ買うのもありかも。

CANON EOS KISS X7

91xcgoixnql-_sl1500_

2013年3月21日発売。有効1800万画素。世界最小、最軽量の一眼レフ。

サイズは、約116.8×90.7×69.4mm。重量は約407g(SDカードとバッテリー込)。

初心者用一眼レフのド定番

いまならダブルズームレンズキットが45000円位。安い。

1800万画素で、液晶も固定。ちょっと古いのは否めないけど、こういうの単機能なものって逆に割り切れてイイんですよね。一番重量が軽い一眼レフってのもイイ。大本命です。

CANON EOS KISS X8i

91vz1bsnsjl-_sl1500_

2015年4月17日発売。有効2420万画素。最新の高解像度なセンサーと、高速で正確なオートフォーカスを搭載。バリアングル&タッチ対応の液晶。

サイズは、約131.9×100.7×77.8mm。重量は約555g(SDカードとバッテリー込)。

最新のセンサーと高速AF

2420万画素の最新のセンサーで高解像度な写真が撮れる。

バリアングル液晶なのも子供撮りにはありがたいですね。

オートフォーカスが、オールクロスセンサー19点。これがどういうことかというと、要はスゴい速くて正確だってことです。

上のX7のオートフォーカスは中央のみがクロスセンサーです。つまり中央しか使わ無いならX7もスゴい。

番外 中古のCANON EOS 5D

canon_eos_5d

2005年、8月22日発売。1280万画素、フルサイズセンサー。

重量は約810g、サイズは約152x113x75 mm

キヤノンの、初代フルサイズ一眼レフ

番外ですけど。10年前くらいに発売されたフルサイズ一眼レフです。当時は40万円位したやつです。

メリットは、センサーサイズ。たくさん光を取り込める巨大なフルサイズセンサーなので画質がイイってこと。あと超安い。

デメリットは10年前のカメラなのでいくらでもあるけど、ひとつは古すぎて画像処理エンジンがショボくて、ノイズの処理とかが最近のカメラと比べて甘いとこかな。

ヤフオクで2,3万でこれの動作品が出てるんですよ…。気になる。

あ。これ全く初心者用じゃない…。

まとめ

Kiss

Photographer: futurestreet

ああ、EOS KISS X7が欲しい…。

ところで私、昔は一眼レフを選ぶとしたら、KISSって書いてあるのは選べませんでした。恥ずかしくて。でも、今は逆に開き直ってむしろKISSを積極的に選びたい

子供ができて変わったのかも。

投稿者プロフィール

Shunsuke自称パパカメラマン
30代の自称パパカメラマン。熊本在住。コンデジやミラーレスを次々買い換えながら、2歳の息子を撮りまくっている。カメラのほかはギターとゴルフ、あとブログが趣味。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です