複数人で写真を撮り歩くツアー「フォトウォーク」なるものに参加してみた!

Pocket

こんばんは。Shunsukeです。

こないだですねー、富士フイルムのイベントに出たんですけど、そこで知ったんですよ。フォトウォークという単語を。

それで家に帰って「フォトウォーク」ってググったら、私の地元熊本で近々開催されるものがあったので参加してみました。

参加したのは、Team ASOという団体が主催する「フォトウォーク南阿蘇コース」。今回はそのフォトウォークの内容を紹介してみます。

※この記事は写真かなり多めです。

そもそもフォトウォークってなんだ?

「フォトウォーク」って知ってますか?簡単にいうと、グループで集まって写真を撮りながら歩く、みたいなイベントです。

調べてみると、「Photowalk」「Photowalking」と言って世界中で行われてる定番のイベントみたいです。楽しそう。

持っていくものどうしよ

カメラとレンズ、何を持っていくか迷いに迷いました。

X-T2は持っていくとして、問題はどのレンズにするかです。

  • XF10-24、XF16-55、XF50-140の大三元ズーム
  • XF10-24、XF35、XF50-140の標準を単焦点にした3本
  • XF10-24、XF35、XF60と広角と単焦点
  • XF23、XF35、XF60の単焦点だけ
  • XF16-55の標準ズームのみ

下に行けばいくほど荷物は減ります。でもどうせ行くなら、普段ほとんど使ってないXF10-24やXF50-140を使いたいし。

悩んだ結果…。

という、わりと一番大荷物コースを選びました。

いざ出発

X70

ということでイベント当日です。バスに乗って目的地まで向かいます。

X70

写真がめちゃくちゃ曇って要る理由は…。

X70

インフルエンザ空間除菌中、超音波噴霧法ステリパワー…。バス内に霧が噴射されまくってますね。

ちなみにこの時の私は、知ってる人が誰も居ないアウェー感で「帰りたい」「帰りたい」と妻にメッセージを送っていました。

ホテルのテラス

X70

最初の目的地の、ホテルグリーンピア阿蘇に到着。

X-T2, XF10-24

テラスから。良い眺めです。

風景なのでベルビアで、ISO200で、F8で撮ればいいんだろ?っていう感じで撮りました。XF10-24を使っての換算15mmという超広角なのですが、この画角難しいですね。余計なものばっかり入ってきます。

iPhone 6

↑iPhone 6でも撮ってみました。色が違うね。

X70

天気もいいし、広々とした眺めは気持ちいいですね。

次の目的地へ…

X70

移動です。バス内から。この写真、妻が好きらしい。なんで?

高森駅に着いた

X-T2, XF16-55

次の目的地は駅。なにやらキャラクターがいます。

X-T2, XF16-55

線路の写真。

ガイドを務めるプロカメラマンさんから参加者へ一言アドバイス。「線路を撮るときに、開放で手前にピントを合わせると、未来を見つめる感じになる」(うろ覚え)意識して撮ってみたら、なんとなくそういう気がします。

ちなみに、この写真撮るときに線路に立ち入ったりしてませんからね!通報しないでください。

X-T2, XF16-55

立ち入って大丈夫な場所から、こちらの参加者の方と同じような感じで撮ったんです。合法です!

X-T2, XF16-55

写真を撮っていると電車が到着しました。ワンピースとのコラボ電車です。作者は熊本出身ですから、地元ではよくこのイラストを目にします。

ちなみに、写真がカラフルでとても楽しそうに見えるかもしれませんが、ここまで私は誰とも口を聞いていません。

電車移動

X-T2, XF16-55

なぜか車掌さんの撮影会が始まった後、電車に乗り込みました。

X70

車内もワンピースのコラボ。キャラクターの張り紙だらけです。

X70

これってファンの人はテンション上がるんじゃないでしょうか?阿蘇、高森駅ですよ。

X70

電車内からは、阿蘇の峰々が見えます。

お祭りやってた

X-T2, XF50-140

電車を降りた先では、なにやらお祭りをやってます。賑わってます。

X-T2, XF50-140

舞台では吉本に所属しつつ、熊本で活躍する芸人さんのライブをやってました。ローカルテレビではおなじみの顔です。(この後、森高千里も出るらしかったので見たかったな〜。)

お食事

X-T2, XF50-140

高森田楽村、という名前の民宿で、田楽という郷土料理をいただきました。

X70

メニューは田楽5品と、ご飯と味噌汁。ほんとうに美味しかった。

上色見熊野座神社(かみしきみくまのいますじんじゃ)

X-T2, XF50-140

今回のメインの目的地です。上色見熊野座神社、と書いて「かみしきみくまのいますじんじゃ」と読みます。

X-T2, XF50-140

雪が積もった石畳の階段を登って行きます。

X-T2, XF50-140

私の住む場所はほぼ積雪がないので、久しぶりの雪でした。

X-T2, XF50-140

左右には灯篭が並び、独特な雰囲気。

X-T2, XF10-24

鳥居をくぐると、その先に拝殿があります。

X-T2, XF10-24

手を合わせた後、引き返したわけですが…。

X-T2, XF10-24

「いまから登ってきた階段を降りるのか…面倒だからここで一泊したいな…」って思ったこの瞬間が、私の中で今回のフォトウォークでのハイライトです。

まとめ

フォトウォーク参加者に、富士フイルム2台使いの美女が!

こんな感じで、フォトウォークに参加してきました。

私は単独での参加でしたが、かなり楽しかったです。普段なら外で大きいカメラを構えるようなことはあまずありませんが、グループでの撮影だとそれが気兼ねなくできます。

グループとはいえ、誰に何を言われるわけでもなく、自分のペースで自由に撮ることができて存分にカメラの楽しさを味わいました。(ぼっちだったとも言う)

ところでこのツアー、バス代、食事付きでおいくらだと思います?なんと2000円ポッキリです。

実は2月26日にも、同主催者によるフォトウォークが開催されます。この記事の内容とは別コースです。もしかしたらまだ参加申し込みが間に合うかもしれませんので、お近くの方はいかがでしょう?

Team ASOフォトウォーク2017 -北阿蘇コース-
Holiday×阿蘇5市町村×Team ASOコラボ企画フォトウォーク開催 おでかけプランコンテスト阿蘇からお…

おまけ

ちなみに私は、このイベントから帰った後インフルエンザになりました…。

インフルエンザ空間除菌中<超音波噴霧法ステリパワー>

撮影メモ

カメラはX-T2X70を。レンズはXF10-24XF16-55XF50-140。三脚は、BeFreePeak DesignのEveryday Backpack 20Lに入れて持って行きました。

以前私が参加した撮影会の様子はこちら
【熊本市河原町】人物写真のセミナーに参加して分かった、写真の面白さ
写真を撮るということは喜び。プロカメラマン、カワバタマイさんが最高。またこんな機会があればいいなあ。

 

投稿者プロフィール

Shunsuke自称写真家
30代、熊本在住。カメラが趣味。最近、息子(3)にカメラを向けると顔を背けられるのが悩み。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

複数人で写真を撮り歩くツアー「フォトウォーク」なるものに参加してみた!” に対して 2 件のコメントがあります

  1. yama より:

    こんにちは、yamaです。

    フォトウォークって楽しそうですね。
    ボクは今だに人と写真を撮りに行くって経験ないです(汗
    料金も良心的ですね。移動も楽そうだし、良さそうっす。

    1. Shunsuke より:

      yamaさんこんにちは!

      楽しかったですよー。癖になりそうです。
      正直人と一緒に撮ったって意識は、お互い知り合いでもなんでもない人なので、ほぼ無かったです。ほんとは写真家の横のつながりを作りたいって気持ちもあって参加したんですが、そこは難しかったです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です