これを買えば間違いない!おすすめのミラーレス一眼&レンズ5選!

Pocket

こんにちは。Shunsukeです。

初心者〜中級者向けに、ミラーレス一眼のレンズキットを5つ選んでみました!

それにプラス、最初の追加レンズに最適な「ボカして撮れる」標準50mm単焦点レンズもチョイス!

予算は5万円〜9万円です!

ファミリー向けならこれ。パナソニック G7

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G7 レンズキット 高倍率ズームレンズ付属 1600万画素 ブラック DMC-G7H-K

PANASONIC DMC-G7。

このカメラの何がすごいって、ひとつはコストパフォーマンスです。

10倍ズームのレンズが付属したレンズキットが、6万円台というお値段なんです。

しかも動画のクオリティは専門機並で、AF(オートフォーカス)の速度も他社より何歩を先を行きます。

悪い点はないのか?と言われると、初心者向けのミラーレスというには、すこし大きめのサイズくらいでしょうか…。ほんとに、不満点を探すのが難しいカメラです。

もし外装がマグネシウムで、ライカのバッジがついたら数倍の値段でもアリな性能だと思います。写真も動画も撮るなら特にオススメです!

スペック

  • センサー マイクロフォーサーズ
  • 画素数 約1,600万画素
  • ファインダー ○ 約236万ドットOLED
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 125 x 85 x 77 mm
  • 重量 360g
  • 発売日 2015年6月25日

作例

Cat in wild

Photographer: Geoffrey van der Horst

G7におすすめのレンズ

25mm F1.7

換算50mmの標準レンズです。1万円台と安価ですが、他社に負けない写りです。

いつも持ち歩くならこれ。ニコン J5

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 標準パワーズームレンズキット シルバー J5HPLKSL

NIKON J5。

正直なところ、ニコン1シリーズはJ4までは微妙だったと思います。

でも、このJ5で魅力が開花した印象です。質感の高いレトロデザインへ見た目も変化しましたが、操作性もより良いものになりました。

ニコン1の特徴は、他社ではありえないほど高速なAFと高速撮影です。もちろんJ5もその機能は健在です。

ライバル達より小さい1インチのセンサーは、いつも持ち運べる小型サイズに纏まったシステムの魅力とはトレードオフと言えます。いつも持ち歩くならJ5がオススメです。

スペック

  • センサー 1インチ
  • 画素数 約2,081万画素
  • ファインダー ー
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 98 x 60 x 32 mm
  • 重量 231g
  • 発売日 2015年4月23日

作例

Red Dragonfly

Photographer: 白士 李

J5におすすめのレンズ

18.5mm F1.8

ニコン1の換算50mm、標準レンズはこちら。

ボカして撮るもお手の物!

気軽にいい写真を撮りたいならこれ。オリンパス E-PL7

OLYMPUS PEN E-PL7 14-42mm EZレンズキット ブラック ミラーレス一眼 E-PL7 EZ LKIT BLK

OLYMPUS PEN E-PL7。

オリンパスのカメラを使うと、手ぶれ失敗写真とは無縁なんです。このE-PL7はエントリークラスですが、他社ではハイエンド機に載せるほど強力なボディ内手ぶれ補正を搭載してしまっているんです…!

ボディ内手ぶれ補正で特によく効くのが、人間の視野に近い、標準域とよばれる画角です。

私も以前はオリンパスのカメラを使っていました。多少ラフに撮っても手ぶれの失敗とは無縁なので実に気楽でした。気軽に、主に標準域を撮るなら、特にオススメです!

スペック

  • センサー マイクロフォーサーズ
  • 画素数 約1,605万画素
  • ファインダー ー
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 115 x 67 x38 mm
  • 重量 309g
  • 発売日 2014年9月

作例

Running in water.

Photographer: vahiinee

E-PL7におすすめのレンズ

25mm F1.8

換算50mm単焦点レンズです。E-PL7のボディ内手ぶれ補正と合わせて、非常にシャープな写真が撮れます。

ハイスペックなミラーレスはこれ。ソニー α5100

SONY ミラーレス一眼 α5100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック ILCE-5100L-B

SONY α5100。

ソニーらしく、ライバル機から抜きん出た性能です。センサーはAPS-Cと最大クラスで2400万画素、それでいてAFも高速で、正確です。

動画性能も同クラスのミラーレス随一で、液晶は自撮りに対応しています。

しかもそれが非常にコンパクトなボディに収まっているという、ライバル機泣かせのハイスペック機です。

弱点は、価格の割に樹脂樹脂した外観、簡略化されすぎた操作性といったところです。

スペック

  • センサー APS-C
  • 画素数 約1,605万画素
  • ファインダー ー
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 110 x 63 x 36 mm
  • 重量 224g
  • 発売日 2014年9月

作例

parakeets in the garden

Photographer: gary watson

α5100におすすめのレンズ

E 35mm F1.8

換算50mmの単焦点レンズです。

なんと手ぶれ補正が内蔵されており、失敗を防いでくれます。

写真を趣味にするならこれ。富士フイルム X-T10

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T10 レンズキット シルバー X-T10LK-S

FUJIFILM X-T10。

1枚の写真に魅了されたことってありますか?そんな写真を撮りたいですか?富士フイルムのカメラを使えばきっと可能です!

80年のフィルム技術の蓄積を生かした、色再現はお見事としか言いようがありません。

ただし性能は画質に極振りなので、画質以外は結構微妙なのが富士フイルムのカメラだと思ってください。

まず、ボディもレンズも価格が割高です。AFは遅く、動画の質は微妙。ボディ内手ぶれ補正はありません。

後継機ではAFと動画は改善されてきましたが、まだまだ他社に遅れを取っている印象です。

それでも独特の画質は魅力だと思います。とにかく1枚の写真にこだわるなら、富士フイルムがオススメです!

スペック

  • センサー APS-C
  • 画素数 約1,630万画素
  • ファインダー 約236万ドットOLED
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 118 x 83 x 41 mm
  • 重量 331g
  • 発売日 2014年9月

作例

Who're You Looking At

Photographer: Shazaan Hyder

X-T10に、おすすめのレンズ

XF 35mm F1.4

通称「魔法のレンズ」。

なんでもない場面が絵になってしまう恐るべきレンズです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この5つ、価格帯は似ていても、まったく違うカメラなんです。

 

それぞれの機種を一言でおすすめするならば…。

 

  • 動画も撮るなら、パナソニック G7。
  • いつも持ち歩くなら、ニコンJ5。
  • 手ぶれしがちなアナタには、オリンパス E-PL7。
  • 小型高性能なら、ソニーα5100。
  • 1枚の写真にこだわるなら、富士フイルム X-T10。

 

ぜひお気に入りの1台を見つけてくださいね!

富士フイルム、いいっすよ!

私の個人的なオススメナンバーワンは、富士フイルムのX-T10です!不便な面もあるけれど、魅力的なカメラだと思います。ちなみに今なら上位機X-T1がお得に買えます!(2016年9月現在)

投稿者プロフィール

Shunsuke自称パパカメラマン
30代の自称パパカメラマン。熊本在住。コンデジやミラーレスを次々買い換えながら、2歳の息子を撮りまくっている。カメラのほかはギターとゴルフ、あとブログが趣味。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です